今すぐ8万円借りたい!今日中に即日8万円を借りる方法とは?

  • 今日中に8万円借りるためには、なにをすればいいの?」
  • 「家賃代を払うために、今すぐ8万円借りたいんだけど…」
  • 即日で8万円借りれるのって、あぶない業者さんだけ?」

 

現金8万円

 

急ぎで8万円必要だけど、借りるあてがないことで困っていませんか?

 

友達や親から借りるにも、8万円となると少し金額が大きい印象がありますね。

 

この問題に対して、最も安全で効率的な借り入れ方法のひとつに「キャッシング」が挙げられます。

 

スマホで現金8万円を即日キャッシング

 

今すぐ8万円借りたいというニーズに対しても、初回の人であれば限度額10万円と設定されることが多い点も適している理由です。

 

ただし、誰でも簡単に借りれるわけではありません。

 

借入先を間違うことでも、思っている以上に大きな精神的負担を強いられることになります。

 

今すぐ8万円借りたい、しかも今日中に即日で借りたいといった場合には、安全で即日融資に対応している業者を選ぶ必要があります。

 

健全なキャッシング業者の受付スタッフ

 

また、その業者を選んだうえで、どのような手続きを踏むことがスピーディーで余計な出費を出さずに借入ができるのか?

 

返済は、毎月いくらずつ返済するのか?何回払いが可能なのか?

 

このページでは、今すぐ8万円借りたい時に役立つ知識をまとめたページとなります。

 

このページを読むことで、借りれ先として適している業者の選定、借り入れ手続きを躓かず、かつ損をしない方法で進めるための知識を理解することができます。

 

これから即日で8万円必要だという方は、このままページを読み進めてみてお役立てください。

 

 

今すぐ8万円借りたい人が選ぶサービス

 

即日で8万円融資に対応している大手のキャッシングサービスをご紹介します。

 

プロミス

 

プロミスの公式HPで予約をする

 

はじめて借り入れされる際には、最大30日間の無利息サービスが提供されるプロミスが選ばれています。

 

仮に8万円を今日中に借りたとしても、30日以内であれば返済額は8万円、つまり利息を払わずに借入することが可能です。

 

初回にメアドとWEB明細を登録するだけで、借り入れ翌日から30日間の無利息期間が提供されます。

 

契約した翌日からの適用ではない点が魅力となっており、事前に借り入れの権利を得ておきたいといった方にもプロミスは選ばれています。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビットの公式HPで予約をする

 

今日中に8万円借りたいという方で、とにかく秘密で借りたいと考えている方に選ばれるのがSMBCモビットです。

 

基本的に、大手のキャッシングであればだれにも知られずに借入することが可能です。

 

そんな中でも、特に秘匿性を重視され方にはSMBCモビットが選ばれています。

 

WEB完結サービスを利用すれば会社への電話連絡なしで借り入れが可能になる点などが選ばれている秘訣となっています。

 

アイフル

 

はじめての借り入れされる場合には、契約日翌日から最大で30日間の無利息サービスが提供されます。

 

簡単診断も準備されており、借り入れに心配がある方は試してみると良いでしょう。

 

今すぐ8万円借りたい人に必要な「効率的」な手続きの流れ

 

今すぐ8万円借りたい時に、どういった手続きを踏めばよいのか?

 

今すぐ8万円借りたいので、その手続き方法を考える人

 

遠回りなことをしていると、その日のうちに借りれるものも借りれなくなってしまいます。

 

効率的な手続きの流れ

 

今すぐ8万円借りたい人にとっては、どうしてもWEBを使った手続きの流れが効率化のためには必要となります。

 

ノートパソコン

 

郵送や窓口だと、やり取りに数日から数週間の日数が必要となります。

 

また、窓口の営業時間内に向かう必要があり、かつ近所に窓口がなければ遠出になってしまうこともあります。

 

オンライン上で申込が可能な大手のキャッシング会社であれば、極端な話、自宅にいながら新規で申込から契約、あなたの口座に着金までさせることが可能です。

 

【効率的な手続きの流れ】

  1. オンライン公式HPで申込をする
  2. 必要書類をオンライン申込ページのフォームから送信する
  3. 審査結果を待つ
  4. 審査結果を受け取り、通過したのを確認する
  5. 通過メールに記載されたリンク先よりオンライン契約手続きをする
  6. 振込手続きをする

 

上記の6ステップが、自宅にいながら今すぐ8万円借りたい人には最も最短で手軽な手続き方法といえます。

 

オンラインを使わない場合の一例をご紹介します。

 

【非効率的な手続きの流れ】

  1. 郵送で新規の申し込みをする
  2. 2,3日後に確認の電話が入る
  3. 審査結果を待つ
  4. 審査通過の報告を受け、契約書類が届くのを待つ(2,3日後)
  5. 契約書類に必要事項を記入して返送する(2,3日後)
  6. 契約完了の連絡を受ける
  7. ローンカードが届く(2,3日後)
  8. ローンカードを使ってATMから出金する

 

オンラインを使わないアナログな手続きをするとなると、基本的に上記のように日数が必要となります。

 

日数だけでなく手続きや移動などの手間も発生します。

 

手数料が発生しないお得な流れ

 

キャッシングをする際には、手続きの方法次第では「手数料」が発生してしまいます。

 

ローンカードと手数料

 

即日で8万円借りる為には、場合によっては急ぐために手数料が発生してしまう方法を選択してしまうケースも少なくありません。

 

しかし、事前に知っておくことで、なるべく手数料を発生させずにお得に8万円を即日融資することが可能となります。

 

【借り入れ】手数料が発生する方法一覧

  • 提携金融機関ATM
  • コンビニATM

 

借り入れの際には、振込キャッシングを利用して自身の口座に振り込んでもらうと手数料は発生しません。

 

また、自社ATMがある会社であれば、そちらのATMを利用すると同じく手数料は発生しません。

 

【返済】手数料が発生する方法一覧

  • 銀行振込
  • 提携金融機関ATM
  • コンビニATM

 

毎月、決まった日に一定額が引き落とされる「口座振替」や「自社ATM」、あとは「インターネット返済」だと手数料は発生しません。

 

【返済】手数料が発生しない方法一覧

  • 口座振替
  • 自社ATM
  • インターネット返済

 

 

口座振替は返済し忘れを防げるし手間いらずというメリットがある反面、最低返済額での返済となるため長期返済となり、トータル利息が高くなる傾向にあります。


 

インターネット返済とは、会員ページにログインし、その会員ページの中で手続きをすることで、あなたの銀行口座から引き落としをして返済が可能となります。

 

このやり方だと手数料は発生しませんが、対象の銀行でなければ手続きできないこと、銀行のインターネットバンキング手続きが済んでいることなどの条件があります。

 

会員ページの中から、あなたの銀行口座のインターネットバンキングにログインして、振り込みを行うという仕組み(Pay-easy)となっています。

 

自社ATMや店頭窓口での手続きでも手数料は発生しませんが、出来るだけ顔を合せたくないと思われる方も少なくないでしょう。

 

口座振替や自社ATM、インターネット返済が難しいという場合には、一つだけ手軽な方法があります。

 

それが「マルチメディア端末機返済」です。

 

Famiポート

 

これはファミリーマートに行けば、必ず設置してある「Famiポート」と呼ばれる端末機を使った返済方法です。

 

こちらであれば、手数料を発生させず、しかもレジ精算ですので数百円単位の端数も綺麗に返済することが可能となります。

 

条件としては、ローンカードが必要になるという点だけ覚えておくと良いでしょう。

 

 

手数料を発生させない返済方法については、繰り上げ返済(一部返済)などを行う際にも覚えておくと便利です。

 

利息を抑えるためにも、積極的に途中で繰り上げ返済を行うと良いでしょう。

 

返済方法の変更に関しては、大手のキャッシング会社であれば会員ページ上で可能なケースが多くあります。


 

8万円即日で借りる為の3つの条件とは?

 

今日中に8万円借りるためには、それなりの条件をクリアすることが必要となります。

 

審査合格のマークをする審査員

 

だれでも申込をすれば、今すぐ8万円が借りれるほど甘いものではなく、仮に簡単に貸してくれるような業者があるとすれば、それは危険ですね。

 

以下では、今すぐ8万円借りたい人が、なるべく今日中に即日で8万円を借り入れする為の条件をまとめました。

 

身分証明書を準備する

 

お金を借りるためには、必ず身分を証明する必要があります。

 

パスポート

 

人の名前を借りたり偽ったり、他人名義で借りて踏み倒そうといった悪いことを考える人が一定数いるのが現実です。

 

身分を証明する公的機関が発行している書類の提出が、いかなる申込方法を選択したとしても必要となります。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 【外国籍】在留カード
  • 【外国籍】特別永住者証明書

 

上記の運転免許証、パスポート、マイナンバーカードには「顔写真」が添付されています。

 

これらの書類が、本人確認書類としての効力は高くなり、基本的にこれらがあれば「1点のみの提出」で本人確認の審査をパスすることが可能です。

 

運転免許証とパスポートが手元に無いという方は、マイナンバーカードを請求しておくと何かと便利です。

 

急ぎで今日中に8万円借りたいって方の場合には、今からマイナンバーカードの申請をしても郵送されてくるのに数日かかりますので現実的ではありませんが…。

 

余裕がある方は、今後の為にマイナンバーカードを申請して手元に置いておくと便利です。

 

ちなみに、マイナンバーカードと通知カードは別物で、多くの方が混同しがちです。

 

役所から届けられている番号記載の顔写真無しのカードは「通知カード」であり、これはマイナンバーカードを申請するための予備のカードのような位置づけです。

 

通知カードを提出しても、1点の提出で審査クリアは出来ません。

 

急ぎで借りたい方で、現状は顔写真付きの本人確認書類が準備できない方の場合には…。

 

健康保険証

 

その方の場合には、健康保険証+住民票、健康保険証+公共料金の領収書、といった2点提出で審査を受け付けてもらえます。

 

 

ひと昔前までは、健康保険証だけの提出でも認められた時代がありましたので、その時の記憶から「なんで2点も必要なの?」と思われる方もおられるかもしれませんが…。

 

現状は、2016年の「犯罪による収益の移転防止に関する法律」改正などもあり融資の際の本人確認が厳しくなっているためです。

 

2020年にはさらに改正が行われ、それにより一部のキャッシング会社において、スマホで本人確認をする際にも「顔写真付きの書類1点+スマホで撮影した本人の画像」を送信することが求められるようになりました。


 

在籍確認をクリアする

 

お金を借りる際には、必ず返済能力があるのかどうかの調査が行われています。

 

在籍確認の電話をする女性

 

主に調査方法としては、申込者の情報や信用情報機関の参照、それにプラスして「在籍確認」による勤務状況の確認作業が実施されます。

 

在籍確認を嫌う方も一定数おられますが、だからといって「在籍確認は一切しない」と謳っているような業者から借り入れするのは控えましょう。

 

貸金業法において返済能力の調査が義務付けられている以上、正規の業者では必ず在籍確認がいかなる形かで実施されます。

 

在籍確認を行わないと謳っている業者は、非正規の闇金業者ではないかと疑う必要があります。

 

今日中に8万円借りる為には、在籍確認を今日中に実施してもらい、審査にパスする必要があります。

 

もしもあなたの勤務先が、今日は休みで電話が繋がらないといった場合には、基本は即日での8万円借り入れは不可能となってしまいます。

 

しかし、大手のキャッシング会社であれば「本人の信用情報」や「属性情報」次第によっては、柔軟な対応をしてもらえるケースもあります。

 

※属性情報…年齢・職業・勤務形態・住環境・同居人の有無・年収など

 

例えば、勤務していることを証明する書類の提出「源泉徴収票や給与明細などの収入証明書」や後日あらためて在籍確認を実施するという方法など…。

 

別の方法で在籍確認を行うことで、即日での8万円融資を行ってくれるケースもあります。

 

コツとしては、オンラインで申込をした後に、申込確認メールが届きますので、その時にコールセンターに電話をして「今日中に8万円借りたいけど、在籍確認を今日行うのは難しい」といった事情を説明しましょう。

 

 

必ず柔軟な対応をしてもらえるとは限りませんが、在籍確認が不可能な状況であれば審査は進まず、即日での8万円借り入れは実現できません。


 

審査実施時間内に済ませる

 

審査を今日中に済ませて借り入れを行うためには、審査が実施される時間に申込を済ませておく必要があります。

 

帰宅ラッシュ

 

審査を受付している時間に申し込むのでは不十分です。

 

受付している時間は、大手であれば24時間となっているケースが多いのですが、受付されているだけで実施してくれる時間ではないのです。

 

AI化が進む昨今ですが、現状はキャッシングの申込、審査に関しては人の手が必ず必要となります。

 

そのため、キャッシング会社の審査担当者が就業している時間帯に申し込みをしないと、審査を実施してもらえず即日融資が実現できません。

 

審査時間は最短30分と謳っているケースもありますが、余裕をもってタイムリミット時間の2時間前くらいまでには申込を済ませておくと安心です。

 

多くの消費者金融が、土日祝日も含めて21時までをタイムリミットに設定している傾向があります。

 

そのため、その日のうちに8万円借りたいということであれば「19時」くらいまでにはオンラインで申込を済ませて、審査に入ってもらう必要があります。

 

以前は銀行振込を希望する場合には、銀行の営業時間内に済ませる必要があったため14時までに申し込みをしないと即日融資は不可能だといったネット上の記事が散見されます。

 

しかし、現状は銀行のモアタイムシステムの採用によって、それに対応している大手のキャッシング会社であれば、銀行営業時間外の遅い時間や土日祝日であっても振込での即日融資が可能となっています。

 

銀行のメンテナンス時間やモアタイムシステムに参加していても一部の時間は即時振込が不可能であったりなど、いずれにしても今日中に8万円借りたいのであれば余裕を持った行動が必要となります。

 

近くの自動契約機でローンカードを発行できれば、ATMで遅い深夜の時間帯でも借入することが可能となることも覚えておくと良いでしょう。

 

即日融資で8万円借りると利息っていくら?

 

今日中に8万円借りたい人にとって、実際に利息っていくらかかるのか?

 

気になる方も多いのではないでしょうか?

 

8万円となると、決して安い金額ではないので心配かと思います。

 

どのくらいの期間を借り入れしようと考えているか、人によってばらばらです。

 

ここでは、利息についての基本的な知識の説明と、今すぐ8万円を借りた場合の利息(借入期間1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月)の実際の金額についてご紹介したいと思います。

 

利息の計算方法と支払い方法

 

キャッシングにおける利息の計算には、以下の公式が使うと分かりやすいです。

 

利息=借入金額×利息÷365日×借入日数

 

利息は「利息制限法(外部ページ)」で規定されており、以下の上限値が決められています。

 

第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。

一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

 

借入金額が10万円未満であれば上限が年利20%、10万円以上100万円未満であれば上限が年利18%、100万円以上であれば上限年利が15%といった決まりがあります。

 

これを超えた利息を請求してくる業者は、貸金業法を遵守しておらず、闇金であると判断できます。

 

上記の公式において、利息という項目には「18%」であれば「0.18」をかけてあげると、実際の数字が出ます。

 

例えば、8万円を年利18%で30日(1ヶ月)借り入れした場合にはどうなるのか?

 

利息=80,000円×0.18÷365日×30日

 

この計算の答えは、「1,183円」となります。

 

8万円を30日間借りた利息

 

キャッシング会社の返済に関しては、基本はリボ払いとなります。

 

毎月、借入金額に応じて設定された「最低返済額」を返済していく方法です。

 

その最低返済額の中に、借り入れ元金と利息が含まれている仕組みとなっており、返済すればするほど元金が減って利息分も減っていく計算になります。

 

ただ、毎月の支払は一定額になっているため、その内訳を意識することはないのが実情ですが、実際には毎月「元金と利息」を返済していると考えておくと良いでしょう。

 

毎月、一定の金額を返済すれば良いので管理が楽な反面、返済期間が長くなりがちでありトータルの利息金額が膨らむといった注意点もあります。

 

そのため、先の「返済方法」のところでもご紹介した通り、余裕があるときには途中で繰り上げ返済を実施して、借入金額である元金を減らして利息を抑える心がけが重要となります。

 

8万円を1ヶ月、3ヶ月、6か月、12ヶ月借りた場合の利息の違い

 

回数 1ヶ月 3か月 6ヶ月 12ヶ月
1 81,183円 27,470円 14,042円 7,334円
2 - 27,470円 14,042円 7,334円
3 - 27,470円 14,042円 7,334円
4 - - 14,042円 7,334円
5 - - 14,042円 7,334円
6 - - 14,039円 7,334円
7 - - - 7,334円
8 - - - 7,334円
9 - - - 7,334円
10 - - - 7,334円
11 - - - 7,334円
12 - - - 7,333円
合計 81,183円 82,410円 84,249円 88,007円

 

返済期間が長くなるほど、毎月の返済額は抑えられます。

 

1回で返済しようとなると支払い金額は「81,183円」となりますが、12回で返済する場合には毎月の返済額が「7,334円」と抑えられます。

 

返済期間が長くなるほど、合計金額が高くなるのも分かるかと思います。

 

元金が8万円ですので、その端数が利息として支払う合計金額だと分かります。

 

例えば、6か月借りた場合には合計が「84,249円」となっており、利息分は「4,249円」というのが分かります。

 

 

今すぐ8万円借りたいという場合には、返済する予定の期間と利息額の目安を把握しておくことで安心して借り入れが可能となります。


 

まとめ

 

今すぐ8万円借りたい場合の必要な知識や注意点について解説してきました。

 

今日中に8万円借りることが出来てガッツポーズ

 

借り入れする業者は正規の貸金業者である「プロミス」「SMBCモビット」「アイフル」がお勧めです。

 

今日中に借り入れをするのであれば、遅くても19時までには審査に申し込む必要があります。

 

借り入れと返済の際にも「手数料」を発生させない方法を選ぶことが大切だとご説明しました。

 

利息に関しては、あなたが思っていたものよりも多かったでしょうか少なかったでしょうか?

 

いずれにしても、このページを読まれたあなたであれば、今日中に8万円を借り入れするイメージが付かれたのではないでしょうか?

 

近いピンチを回避する為に今すぐ8万円借りたいという方は、こちらからオンライン申し込みを進めて下さい。

 

今なら無利息サービスが適用可能です!